スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
イタリア旅行記⑰ 『塔の町』

フィレンツェから日帰りでサン・ジミニャーノとシエナへ行って来ました♪

P1000329.jpg

サン・ジミニャーノは塔の町として知られています。
12~13世紀に建てられた塔は最盛期には72本もあったそうです!


P1000332.jpg

現在は50m程の高さの塔が14本残っています。

P1000325.jpgP1000326.jpg
P1000327.jpgP1000339.jpg

...more
スポンサーサイト
テーマ : 世界遺産・遺跡・名所
ジャンル : 旅行
イタリア  TB(0) CM(4)
イタリア旅行記⑯ 『運命の画家に出会えた日』

泊まっていたHotel Cestelliのアレシオさんに薦められ、
フィレンツェの高台にあるベルヴェデーレ要塞へ行ってみました♪

私が訪れた時はFOLONという芸術家の展覧会をやっていました。
この日まで彼の事は全く知りませんでしたが、一目で大ファンになりました♪

日本でも2度個展を開いた事があるそうです。

P1000443.jpg

素晴らしい景色の高台に数十点の彫刻が並ぶ。
FOLONってどんな芸術家なんだろう…??


P1000442.jpgP1000448.jpg

コロンとした丸みのある曲線がとってもツボ!!すごいカワイイ~♪
寂しげで優しい表情は、彫刻に魂が宿っているかのような錯覚を覚えた。

なんか…すっごい好きかも~!!

P1000450.jpgP1000449.jpg


P1010301.jpg

お土産で買ったポストカード

P1010303.jpg


敷地内の小宮殿には水彩画が展示されていました。
フォロンの作品を眺めていると、なんだか懐かしい気持ちになります。
彼の描く世界は(おそれ多いけど…)自分の空想ワールドと
少し重なる部分があって共感でき、すごく感動しました。
想像もどんどん膨らんで幸せな気持ちで満たされました~。
プロフィールを見てみると、わぁ~♪♪誕生日すごい近い!

やっと運命の画家見つけた!と思っていた矢先…
昨年、白血病で亡くなられたそうです。とっても残念。。
亡くなられた日にちを調べてみてびっくり…なんと10月20日でした。
今日がちょうど彼の一周忌だったんです。すごい偶然。

いつか故郷のベルギーにある彼の美術館へ行くことが夢です♪
素晴らしい作品に出会えて、ここを薦めてくれたアレシオさんにも大感謝!

テーマ : 旅先で見つけたもの
ジャンル : 旅行
イタリア  TB(0) CM(6)
イタリア旅行記⑮ フィレンツェ『ボボリ庭園をお散歩♪』

P1000409.jpg

ピッティ宮殿の裏側にあるボボリ庭園へお散歩にやって来ました~!


P1000412.jpg

庭園は典型的なイタリア式。

P1000413.jpg

ピッティ宮殿
メディチ家のライバルであったピッティ家がより大きな宮殿を望み建てた宮殿。
宮殿内にあるパラティーナ美術館には、ラファエロの傑作の数々が展示されています。
豪華な宮殿内とラファエロの素晴らしい作品を一度に楽しむ事ができます!


P1000422.jpg

庭園は緑が豊かでとってもイイ気持ち~♪

...more
テーマ : ヨーロッパ旅行記
ジャンル : 旅行
イタリア  TB(0) CM(2)
イタリア旅行記⑭ 『夕焼けのアルノ川』

泊まっていたHotel Cestelliのすぐ近く、トリニタ橋から見たアルノ川の風景です。
夕焼けですが、時刻は21時ちょっと前。

P1000375.jpg

P1000376.jpg

P1000377.jpg


いつも夕食を食べ終わった後は、橋の上に座ってこの光景を
眺めていました。至福のひと時…

テーマ : ヨーロッパ旅行記
ジャンル : 旅行
イタリア  TB(0) CM(2)
イタリア旅行記⑬ お気に入りの『Hotel Cestelli』

フィレンツェに戻ってから、とってもお世話になった『Hotel Cestelli』。
私にとってこれほど思い出深いホテルは他にないかも…。

場所はトリニタ広場のすぐ近く。駅へも歩いて10分程で、どこへ行くにもとても便利です!
イタリア人のアレシオさんと、日本人の明日美さんの若いご夫婦が経営するホテルです。
お部屋の壁のペンキ塗りから内装はすべてオーナー夫妻でなされ、とってもオシャレ♪♪



宿泊したお部屋(トイレ・シャワー付き)
部屋に入るとフンワリとても良い香りがしました。
掃除が行き届いた清潔でとてもかわいいお部屋です♪


P1000390.jpg

スイートルーム(105ユーロ…安い!)
チェックイン前のお部屋を見せていただきました。
その後、台湾の女の子4人組みが泊まっていました。
4人でも十分泊まる事ができるかなり広いお部屋です!


P1000394.jpgP1000393.jpg

シングルルーム(バス・トイレ共同)

共同のバスルームも見せてもらいましたが、オーナーご夫妻が
こまめにお掃除されているだけあって、とっても清潔でした♪


P1000388.jpg


ホテルに戻ると明日美さんが“お帰りなさ~い♪”と明るい声で迎えてくれます。
毎日のようにレセプションに座りこむと、今日の出来事などを聞いてくれました。
バスの時刻表を見ながらトスカーナ観光のスケジュールを一緒に考えてくれたり
とっても温かい人柄のご夫婦で、いつも心強かったです!

残念ながら朝食は付いていませんが、ホテル近くにはオーナーお勧めのカフェ
などが数軒あります。宿泊するといただけるお店リストはかなり良いです~♪♪
リストランテ、カフェ、デリ、ジェラート、雑貨屋さんなどオーナ夫妻が実際に
通うオススメのお店ばかりです。ほとんどのお店へ足を運びましたが
接客を含め、どこもかなり良いお店でしたよ~お土産選びでも大活躍しました!

一人旅でイタリア語も英語も話せない不安から、こちらのホテルに決めましたが
これ以上ない満足な滞在となり、お二人には心から感謝!!
時どきアレシオさんの口から出てくる日本語がとってもキュートでした~♪

リンクのお友達cocoさんlouさんもお気に入りで、2度宿泊されています!

みみずのオススメ度★★★★★

テーマ : ヨーロッパ旅行記
ジャンル : 旅行
イタリア  TB(0) CM(7)
イタリア旅行記⑫ 『ピサ』


P1000308.jpg

ルッカからピサへやってきました~♪

昔はイタリアと言ったら、まっさきに思いつくのは“斜塔”でしたが
イタリアを旅するようになって、あまりの見所の多さにいつもピサは後回し…
このままずっと後回しにしなくて良かった。

P1000310.jpg


P1000312.jpg

こんなに傾いているとは…。倒れないのが本当に不思議。。
予約制ですが斜塔に登ることもできます。


P1000321.jpg

ドゥーモの内部…


P1000318.jpg

キリストのモザイク

ルッカからピサへはバスを利用しました(約1時間)。一時間に1本位はあったと思います。
直接ドォーモや斜塔がある広場の前にバスが停まるので、とても便利です。

テーマ : 一人旅
ジャンル : 旅行
イタリア  TB(0) CM(8)
イタリア旅行記⑪ ルッカのホテル 『La Romea』

ルッカでは城壁内の中心に位置する 『 La Romea 』に2泊しました。
若いご夫婦が経営するとってもオシャレなB&Bです♪


P1000306.jpg

P1000305.jpg

宿泊したGreen Room

他にはレッド、アイボリー、イエローなどテーマを持った全5部屋。
オーナー夫妻のこだわりが感じられる居心地の良いカワイイお部屋です!

ビュッフェスタイルの朝食もと~っても豪華で美味しい♪

またオーナーさんが親切で優しい方なんです~!
私の英語とは言えないような英語にも一生懸命付き合ってくれて
旅のアドバイスをたくさん頂きました。

オーナー夫妻も通う、日本人マダムがいるお勧めのリストランテも
教えてくれたので、オーダ時にはメニューについて日本語で質問ができ
美味しいお料理を頂くことができました~♪

ホテルをチェックアウトする時、ハンドクリームをつけすぎて信じられないくらい
べトべトの手で、差し出されたままオーナーさんと握手してしまいました…。

ちょっぴりせつない旅のひとコマ。。


みみずのオススメ度★★★★★

テーマ : ★イタリア旅行★
ジャンル : 旅行
イタリア  TB(0) CM(0)
PREV PAGE   TOP   NEXT PAGE
Copyright © みみずのふん All Rights Reserved.
 
プロフィール

mimizu

Author:mimizu
はじめましてみみずです。
仲良しのポニーと横浜から日々の出来事をの~んびりペースで綴っています。

コメント残してくださると嬉しいです♪
こちらからも遊びに伺います♪

カレンダー
09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
SEARCH THIS SITE



人気ブログランキングに参加中!

有機質肥料■プロが作った肥料■みみずのフン 6L


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。